キエッリーニ、5連覇を諦めず ピルロのインテル移籍は「ないと思う」

首位に勝ち点9差をつけられ、7位に甘んじているユヴェントスだが、タイトルを諦めていない。DFジョルジョ・キエッリーニは11日、5連覇は可能だと息巻いた。

開幕から2連敗を喫したユヴェントスは、前節エンポリ戦でようやく今季初のリーグ2連勝を飾るなど、不安定な戦いが続いて出遅れた。スクデット5連覇の偉業は諦め、チャンピオンズリーグ(CL)出場権確保を優先すべきとの声もある。

だが、親会社のトップであるジョン・エルカン氏は11日、5連覇を諦めてはいけないと命じた。チームの重鎮の一人であるキエッリーニも同意見だ。会見でのコメントを、イタリアメディアが伝えた。

「エルカンは正しいよ。ユーヴェが5連覇を果たすことは可能だ。エルカンの発言は、チームを鼓舞するためだよ。チームは良くなっている。僕らにはやれるはずだ」

「確かに僕らは出遅れた。その理由はいろいろある。僕らは自己批判もしつつ、挽回を目指しているところだ。ミスを修正し、うまくやらなければいけない」

一方で、キエッリーニは、昨季までユーヴェでプレーしたニューヨーク・シティMFアンドレア・ピルロのインテル移籍の噂にも言及した。ジュゼッペ・マロッタCEO同様に、キエッリーニもピルロがインテルに加わることはないとみているようだ。だが、イタリア代表には戻ってくるはずだと述べた。

「僕はピルロが代表に戻ってくると思う。遅かれ早かれ、いつかは彼との別れに慣れなければいけないけどね。インテル? 僕はマロッタCEOと同じ考えだ。インテルに行くことはないだろう」