次の舞台へ…マンチェスターで英国人家族と暮らすインテル前監督マッツァーリ

元インテル監督のマルテル・マッツァーリ氏は、イタリア国外でのチャンスを求めて、イングランドに渡った。イタリア『Calciomercato.com』が伝えている。

54歳のマッツァーリ氏は、昨シーズン途中にインテルの監督を解任された後、フリーの状態が続いている。まだインテルとの契約があるため、来年6月までは給料を受け取ることができる状況だ。

戦術家としてイタリア国内で評価されてきたマッツァーリ氏は、ここにきて国外での挑戦に意欲を燃やしている。きたるべき時に機会を逃さないため、英語の勉強に力を入れているという。“座学”だけでは不十分と考えて現地へ渡り、現在はマンチェスターで生活をしている。

なぜ、マンチェスターなのか。ユナイテッドやシティの監督の座を狙っているわけではない。世界中の人が集まるロンドンはイタリア人が多すぎるため、マッツァーリ氏は自ら“英語漬け”になれる環境を選んだそうだ。

マンチェスターでは、ユナイテッドのアカデミーを担当する専門の語学教師をつけており、さらにイギリス人のファミリーとともに生活しているという。マッツァーリ氏の本気度がうかがえる。

次のシーズン、プレミアリーグには流暢に英語を話すマッツァーリ監督の姿があるかもしれない。