インテル時代の補強に不満のベニテス 「カイト、マスチェラーノ、エブラの獲得が約束されたが…」

レアル・マドリーのラファエル・ベニテス監督は、インテルを指揮していた当時に3人の大物選手の獲得をクラブから約束されながらも、実現しなかったと明かしている。

ベニテス監督は2010年夏にジョゼ・モウリーニョ監督の後任としてインテル監督に就任。だが成績不振やクラブとの不和もあり、わずか半年で契約を解消することになった。

希望した選手が補強されなかったことも退任の一因だったとベニテス監督は以前に語っていたが、その具体的な選手名を明かした。スペイン『オンダ・セロ』で次のように語ったとして、イタリア複数メディアが伝えている。

「インテルは私に3人の選手の獲得を約束していた。(ディルク・)カイト、(ハビエル・)マスチェラーノ、(パトリス・)エブラの3人だが、誰も来なかったよ。マスチェラーノはインテルでもナポリでも獲得に迫っていたんだ」

カイトとマスチェラーノはベニテス監督がインテル指揮の前年までリヴァプールで指導していた選手。エブラはライバルチームのマンチェスター・ユナイテッドで活躍していた選手だった。

一方、インテルも含めた他クラブからの関心が噂されるマドリーFWヘセ・ロドリゲスについては次のようにコメントしている。

「選手たちの周りで動くている者たちをすべて管理することはできない。我々が管理すべきは選手だけであり、代理人ではない。ヘセはマドリーで活躍できるクオリティーを持った選手だよ」