飲酒運転のカセレスにクラブからもペナルティー

ユヴェントスは29日、DFマルティン・カセレスにクラブとして処分を科すことを発表した。

カセレスは前日の深夜、飲酒運転でバス停に突っ込み、自身のフェラーリを大破させている。これについて、警察が罰金処分と半年の免許停止を言い渡したことがイタリアメディアによって報じられていた。

この問題についてユヴェントスは29日に声明を出し、クラブとしても厳罰を科すとしている。カセレスの行為は「著しくクラブのイメージを傷つけるもの」だとして、罰金処分のほか、一時的にファーストチームから同選手を外すと発表した。

開幕から不振に苦しんでいるユヴェントス。プレー以外の問題にクラブも激怒しているようだ。