ボバン氏、ミランのバロテッリ獲得を批判 「バカげている」

元ミランのズボニミール・ボバン氏は、クラブがリヴァプールからFWマリオ・バロテッリを獲得しようとしていることに「バカげた復帰劇」とこきおろした。

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは23日、バロテッリ復帰に向けてリヴァプールと交渉中であることを認めた。レンタル移籍での獲得を目指しており、リヴァプールとはサラリー負担額に関して合意できていないと明かしている。

以前にもバロテッリと中継で舌戦を繰り広げたボバン氏は、ミランが同選手を獲得することに反対のようだ。イタリア『スカイ』の解説者であるボバン氏は、次のように語った。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

「私はバカげていると思うね。まったくもってバカげている。バロテッリの幸運を祈るけど、彼が本当に飛び立ったことはないじゃないか。彼がミランに戻るとなったら、バカげているよ」