白星発進を喜ぶマンチーニ、イカルディ起用は過ちと認める バロテッリのミラン移籍には…

インテルは23日、セリエA開幕戦でアタランタと対戦し、ホームで1-0と勝利した。ロベルト・マンチーニ監督は白星発進を喜んでいる。

後半に退場者を出したアタランタを相手に、アディショナルタイムのFWステファン・ヨベティッチのゴールで勝ち点3をもぎ取ったインテル。マンチーニ監督は試合後、イタリア『メディアセット』で次のように述べている。

「我々はたくさんのチャンスをつくったが、アタランタがうまく守った。10人になってからはさらに良い守備だったね。我々にはこの勝利が必要だった。最初の10分は今ひとつだったが、それから良くなったね。序盤戦は常に難しいものだ。ほかの試合結果を見ても分かるだろう。我々にとって、無失点だったのは大きいね」

一方で、マンチーニ監督はイカルディを無理に起用したことを悔やんでいる。ウォームアップ中に負傷したイカルディは、先発出場したものの、15分で交代を余儀なくされた。

「イカルディはプレーすべきじゃなかった。私は起用したくなかったのだが、彼がプレーすることを望んだんだ。彼を使った私が間違えたよ。日曜(カルピ戦)にはいないだろう」

また、大金を投じて獲得したMFジェフリー・コンドグビアについて、マンチーニ監督はこう述べた。

「この10日間で彼は非常に良くなった。プレシーズンのトレーニングに苦しんだんだ。今は良くなっている。彼は若い。加入してすぐにチームの様相を変えられると考えてはいけないよ。大金を払いすぎたのかもしれないね。私は彼のことを強く信じている。これから2年で世界最高のMFの一人になるだろう」

ヴォルフスブルクMFイヴァン・ペリシッチの獲得や、“愛弟子”のFWマリオ・バロテッリがミラン移籍に向かっていることについて、マンチーニ監督は次のように語った。

「ペリシッチが加入するかどうかは分からない。彼は前線のすべてのポジションをこなせる選手だ。クオリティーを高められるはずだよ。(ファビオ・)ボリーニ? 私は優れた選手が好きだ。ボリーニは若くて優れた選手だよ」

「バロテッリのミラン移籍? とてもうれしいね。マリオはもう一度チャンスを手にするに値する。彼のクオリティーは、ミランやイタリア代表に役立つはずだ」