昨季のセリエ得点王トーニが予想 「今季の得点王争いは…」

エラス・ヴェローナFWルカ・トーニは、新シーズンのセリエAで得点王を争うのが、ナポリFWゴンサロ・イグアイン、ローマFWエディン・ゼコ、インテルFWマウロ・イカルディとみているようだ。

昨季のセリエAでイカルディと並び、得点王に輝いたトーニ。38歳のベテランストライカーは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、次のように述べている。

「すごく満足できた。今季も繰り返すのは、さらに難しいことになるだろう。でも、僕は常にゴールを決めてきた。新しい挑戦への準備はできている。シーズン3得点しかできなくなり、自分に競争力がなくなったらやめるよ」

イタリアの若きストライカーで後継者になり得る選手を問われると、トーニはこう答えた。

「今はそういう選手が多くない。代表もその影響を受けているね。(マッティア・)デストロは優れた選手だけど、僕が好きなのは2人だ。9番タイプじゃないけど、(マノロ・)ガッビアディーニと(フェデリコ・)ベルナルデスキだね。(マリオ・)バロテッリ? 人としての彼は知らないけど、素晴らしい選手だね。でも、あるレベルになると、サッカーでは専念することが求められる」

トーニは得点王争いのライバルたちについて、次のように述べている。

「ゼコは少なくとも20ゴールを決めるだろう。ローマにとってはビッグビジネスだね。(カルロス・)バッカは最高級の選手だ。ルイス・アドリアーノはペナルティーエリア内の選手じゃないけど、ゴールを量産する9.5番タイプだね。(マリオ・)マンジュキッチ? あんなに走るセンターフォワードは見たことがない。守備でプレスをかけ、簡単にゴールを奪う。多くのゴールを決めるだろう」

「イカルディの頭にはゴールがある。彼はハングリーで、向上したね。最強の選手になるだろう。欧州カップ戦がないから、一つの目標に集中できる。イグアインは今のイタリアで最も強いアタッカーだと思う。昨季はターンオーバーの影響があった。すべての試合に出ていたら、問題なく(得点王のタイトルを)勝ち取っていただろう」

そして、トーニは“表彰台”に立つ3人を問われ、こう答えた。

「まずはイグアインだ。それからゼコとイカルディだね。でも、彼らは僕とも争わなければいけない」