ラツィオは日本人選手がお気に入り? 長友獲得に関心か

インテルDF長友佑都は、ジェノア移籍が近いと伝えられている。一方、日本代表DF獲得に興味を持つセリエAのほかのクラブがあるとの噂が浮上した。

長友は昨季に負傷などで出番を失い、今季はロベルト・マンチーニ監督の構想に入っていないと言われてきた。夏に入ってさまざまな情報が飛び交い、現在はジェノアへの移籍に近づいていると報じられている。

移籍市場終盤に来てジェノア入りの可能性が高まっているとの情報が多い中、新たな噂も浮上した。ラツィオが興味を持っている、というのである。

イタリア『fcinternew.it』などは、ラツィオがサイドバックを探していると報道。その中に、長友も候補として入っていると報じられている。ただし、長友獲得にはジェノアがリードしているとしている。

ラツィオは以前、CSKAモスクワ在籍時の日本代表MF本田圭佑を本気で獲りに動いていた。日本人選手への信頼が厚い、ということなのだろうか。

そういえば、ジェノアにもかつて、偉大な日本人ジョカトーレが所属していたが…。