ローマが正式発表、チェルシーからレンタルでサラーを獲得

エジプト代表MFモハメド・サラー(23)が、正式にローマの選手となった。チェルシーとローマが6日に発表している。

2014−15シーズン後半戦、フィオレンティーナにレンタル移籍してセリエAでブレイクしたサラーは、フィオレンティーナへのレンタル延長を望まずに退団し、今夏の移籍先が注目されていたところだ。

サラーは数日前からローマの練習に参加していることが確認されているため、移籍は確実視されていたが、ようやく正式な発表を迎えている。

サラーの移籍は、完全移籍オプション付きのレンタル。フィオレンティーナで見せたような活躍を見せられるだろうか。