ニュース ライブスコア

長友、去就は1週間ほどで決まる? 代理人が「ガラタサライは唯一の具体的な解決策」

インテルDF長友佑都の代理人であるロベルト佃氏が、インテル専門サイト『fcinternews.it』のインタビューで、同選手の去就について語った。

ロベルト・マンチーニ監督の構想外と報じられる長友は、プレミアリーグのクラブやガラタサライからの関心が騒がれている。インテルはガラタサライMFフェリペ・メロに関心を寄せており、トレードの可能性も噂されているところだ。

ロベルト佃氏はインタビューで、長友がガラタサライに移籍する可能性について、次のように述べている。

「ガラタサライは佑都にとって一つの具体的な可能性だ。彼の好むはずの移籍先だね。むしろ、現時点で唯一の具体的な解決策だとつけ加えておく。我々が考えている具体的な道はほかにないんだ」

「F・メロ? 彼が交渉に含まれる可能性も除外はできないだろうね。タイミングについては、1週間ほどでニュースが届くかもしれない」