マンチーニ、中国遠征無得点も「心配はしていない」 ヨベティッチには期待

インテルは27日、インターナショナル・チャンピオンズカップでレアル・マドリーと対戦し、0−3で敗れた。ロベルト・マンチーニ監督は、特に心配していないという。

インテルはレギュラーメンバーをそろえてレアル・マドリーに挑んだが、0−3で敗れている。中国ツアー3試合を無得点で終えることになったが、指揮官は深刻に考えていないようだ。

試合後のマンチーニ監督のコメントを、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

「結果はさておき、前半のパフォーマンスには満足している。世界トップレベルのチームと戦ったんだ。大事なのは試合ごとに向上が見られたことだね」

「得点がなかった? 心配していないよ。来たるべきときに決まると自信を持っているからね」

マンチェスター・シティからの加入が決定的なFWステファン・ヨベティッチについても触れている。

「イカルディともパラシオとも違うタイプのアタッカーだ。我々にとって重要な選手になるね」