酒井宏樹がイタリアに? ナポリが関心か

ハノーファーに所属する日本代表DF酒井宏樹に対し、ナポリが関心を示しているようだ。

ナポリはこの夏、右サイドバックの補強を目指している。これまではサッスオーロDFシメ・ヴルサリコの獲得を目指してきたが、ここにきて異なる選択肢が出ているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』の移籍担当ジャーナリストであるジャンルカ・ディマルツィオ氏が自身のサイトなどで報告している。

これによると、ナポリは依然としてヴルサリコを第一目標としている。だが、これが実現しない場合は酒井に目標が変わる可能性もあるという。

インテルDF長友佑都のイタリア国外移籍が噂されるセリエA。今度はナポリで日本人サイドバックが誕生するかもしれない。