サンプ会長、改めてバロテッリ獲得を示唆? だが「年俸10分の1でいいのなら…」

サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長は、リヴァプールFWマリオ・バロテッリを獲得する可能性について改めて言及している。

昨夏にミランからリヴァプールへ移籍したが、プレミアリーグでわずか1ゴールに終わるなど活躍を見せられなかったバロテッリに対し、サンプ会長は以前から関心を見せている。クラブの環境がバロテッリ復活に適していると自信を持っているようだ。

だが、現実的には金銭面がネックとなることも事実。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などがフェレーロ会長のコメントを伝えている。

「彼には落ちついてプレーできるクラブが必要だろう。サンプドリアのようにね。私はすごく気に入っているが、彼は1000万ユーロほど稼いでいるらしい。ここでは100万くらいで満足してもらわなければならないだろうが…」

実際にはバロテッリのリヴァプールでの年俸は600万ユーロ程度だとされているが、それでもサンプにとってはあまりにも高額。以前には、リヴァプールに一部負担を求める形での交渉を行うとの報道もあった。