マンチーニ:「ペリシッチが来るかは分からない」 ズカノビッチを逃した落胆も

インテルのロベルト・マンチーニ監督は15日、ヴォルフスブルクMFイヴァン・ペリシッチを獲得できるかどうかは分からないと述べるにとどまった。

連日、ペリシッチやMFモハメド・サラーへの関心が報じられているインテル。マンチーニ監督はカルピを下した練習試合後、補強について次のように述べている。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

「交渉は難しい場合もある。選手を失うなら、別の選手を買う必要も出てくるからだ。ペリシッチが来るかどうかは分からない。クラブが動いているところだ」

インテルはターゲットにしていたDFエルヴィン・ズカノビッチを逃した。キエーヴォと交渉していたが、同選手は15日にサンプドリアのメディカルチェックを受けている。

マンチーニ監督はズカノビッチが現在のインテルの左サイドに必要かと問われ、「もう必要『だった』だね…」と、獲得できなかったことへの落胆をうかがわせた。

一方で、マンチーニ監督は試合について「ここまでの仕事には満足」とコメント。初めて先発出場した新戦力ジェフリー・コンドグビアや、初めてレジスタの位置でプレーしたMFマテオ・コバチッチについて、次のように述べている。

「コンドグビアはとても優秀で、さらに向上できる。苦しんだのは、練習のやり方が変わったからだ。コバチッチは初戦だったがまずまずのパフォーマンスだったね。あそこが彼の位置になるかどうかは、彼次第だ」