ナインゴラン、ローマ完全移籍が成立

ローマは24日、MFラジャ・ナインゴラン(27)が完全にローマの選手になったことを発表した。カリアリから900万ユーロで残りの権利を獲得している。

ベルギー代表のナインゴランは、昨年1月にレンタルでローマの一員になった後、共同保有という形になった。2014−15シーズンはチームの中心選手として活躍。選手本人はローマへの完全移籍を希望していたところである。

ナインゴランは自身のツイッターで「ファンタスティックな一日になった。やっと100%、ローマの選手になることができた」と喜んでいる。

2014−15シーズンのセリエAで2位だったローマだが、優勝したユヴェントスとの勝ち点差は17だった。次のシーズンはタイトルを争うチームになれるだろうか。