ニュース ライブスコア

インテルがF・メロと合意か 長友がトレード要員になる可能性も?

インテルがガラタサライMFフェリペ・メロの獲得に近づいてるようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、選手側と合意したと見ている。しかし、その代わりにDF長友佑都がトルコへ行く可能性があるかもしれない。

同紙によると、インテルは22日の会談でF・メロと合意に達した模様だ。条件は年俸250万ユーロ+ボーナスの2年契約だと伝えられた。

だが、インテルはガラタサライ側に移籍金を支払うつもりはなく、余剰戦力とのトレードで取引をまとめたいと考えているという。MFサフィル・タイデル、ジョエル・オビ、DFアイザック・ドンコル、フアン・ジェズス、ドドー、そして長友佑都といった選手がガラタサライにインテルが提案したカードのようだ。

この候補の中でガラタサライが気に入った選手がいれば、F・メロはプレシーズンのスタート時からインテルにいることになる見込みだ。