ニュース ライブスコア

ミランからローマに復帰のデストロ、モナコ移籍が間近?

イタリアメディアによると、ミランFWマッティア・デストロがモナコへの移籍に近づいているようだ。だが、選手はまだモナコとの契約にサインしていないと明かしている。

ローマが保有権を持つデストロは、1月にアドリアーノ・ガッリアーニCEOの説得を受け、ミランに買い取りオプションつきレンタル移籍した。だが、低迷するミランでインパクトを残せず、完全移籍は実現していない。

イタリア各メディアによると、ローマのワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)はモンテカルロ入りし、モナコとの交渉にあたっているとのこと。イタリア『スカイ・スポーツ』は、ローマが1800万ユーロを求めているのに対し、モナコは1200万ユーロを提示したと報じている。だが、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、1500万ユーロ前後で両クラブの交渉がまとまりつつあると伝えた。

イタリアの各メディアは、デストロがモナコ移籍に迫っていると報じている。だが、バカンスでアメリカを訪れているデストロ本人は、『フェイスブック』で次のようにコメントしている。

「多くの人がモナコに行くのか聞いてきているね。誰かは僕がすでにサインしたと言っているようだ。どうしてそういうニュースが出回るのかは分からない。まったく事実じゃないよ! 公式に何かあるときは、僕のこのSNSでみんなに先にお知らせするよ」