ミランがコンドグビア獲得に迫るがインテルも諦めず? ユーヴェは関心否定か

ミランが獲得に向けて大きく前進したと見られていたモナコMFジェフリー・コンドグビアだが、最後にもう一波乱残されているかもしれない。インテルやユヴェントスが獲得を争う可能性が報じられている。

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOはモンテカルロに赴いてモナコと会談を行い、移籍金3500万ユーロ前後でクラブ間での合意を取りつけたと見られている。19日午後には取引を完了させるため再びモナコへ向かったとのことだ。残るは選手本人との合意のみだと見られる。

だが、インテルも獲得を諦めていないのかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、インテルのマルコ・ファッソーネGM(ゼネラルマネジャー)とピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)もコンドグビアの代理人と会食し、オファーを提示したと伝えている。

ともに低迷するミラノの2チームは復活に向けて協力することで合意し、ミランはインテルが獲得を狙う選手に手を出さず、インテルはコンドグビアなどミランが狙う選手から手を引くとも報じられていた。そのような協定は存在しないか、あるいは破られたのだろうか。

一方で、ユヴェントスもコンドグビアに関心を寄せているのかもしれない。ガッリアーニCEOは次のようにコメントしたとイタリアメディアが伝えた。

「私は楽観的でもなければ悲観的でもないよ。ただ言えるのは、ユヴェントスも入り込んできたということだ。モンテカルロで開催される一種のTIMカップのようなものだね」

これに対し、ユヴェントスはすぐさまコンドグビアへの関心を否定したとのことだ。いずれにしてもミランが優位に立っていることに変わりはないようだが、このまま獲得決定に至るのだろうか。