フィオレンティーナが監督交代を決断、モンテッラを解任

フィオレンティーナは8日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督(40)の解任を発表した。

シーズン終了後の動きが長く注目されていたモンテッラ監督だが、この数日はクラブとの関係悪化が伝えられていた。クラブ首脳陣と指揮官の関係は終わったと見るメディアも多く、アンドレア・デッラ・ヴァッレ名誉会長の決断が注目されていたところだ。

モンテッラ監督を解任したフィオレンティーナは、バーゼルのパウロ・ソウザ監督が後任の有力候補と伝えられている。