G・ロッシ、来季もフィオレンティーナでプレー 代表復帰も目指す

フィオレンティーナFWジュゼッペ・ロッシは、来シーズンも同クラブでプレーを続ける意志を明確にするとともに、プレー再開とイタリア代表復帰に向けた意欲を口にしている。

これまでのキャリアでもたびたび負傷による長期離脱を強いられてきたG・ロッシ。昨年9月に手術を受け、復帰を目指してリハビリを進めてきたが、今季は最後までピッチに立つことができなかった。

先週末に行われたセリエA最終節キエーヴォ戦では短時間の出場を望んだが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は認めなかったとのことだ。イタリア『EcoAltoMolise.net』によるインタビューでG・ロッシは次のように語った。

「今はすごく良い状態だ。復帰できる準備ができたと感じているよ。日曜日は最後の10分にプレーさせてほしいと監督に頼んだけど、おそらくは大事を取って、やめておいた方がいいと言われたんだ」

「来年もフィレンツェに残るつもりだ。素晴らしいサポーターのいる美しい町だからね。彼らのために、少しでも早く何かを勝ち取りたいと思っているよ」

昨年のブラジル・ワールドカップも負傷で棒に振ったG・ロッシだが、代表復帰も諦めてはいない。

「僕はあの(代表の)ユニフォームとの間に特別な関係を持っている。取り戻すために献身的な努力を続けているよ」