サンプドリア、ミハイロビッチ退任を発表

サンプドリアは1日、シニシャ・ミハイロビッチ監督(46)の退任を発表した。

同指揮官は5月31日に行われたパルマ戦の後、退任を認める発言をしていた。「明日、君たちも分かる。公式サイトで見ることになるはずだ」と語っていたとおり、クラブの公式サイトでミハイロビッチ監督のファンに宛てた別れの手紙が公開されている。ファンへの感謝をつづり、サンプドリアで思い出を振り返った。

サンプドリアは7位でシーズンを終えた。6位ジェノアがUEFAのライセンスを取得していないため、このままいくとサンプドリアが繰り上げでヨーロッパリーグに出場する。チームを率いたミハイロビッチ監督の手腕は評価されたが、次のシーズンはほかのクラブで新しい挑戦をすることになった。

注目される新天地は、ナポリの可能性が高いと見られている。