ベニテスが28日に会見、ナポリ退団を発表か マドリー行きは確実?

ナポリは26日、クラブの公式ウェブサイトで、28日にアウレリオ・デ・ラウレンティス会長とラファエル・ベニテス監督が会見を行うと発表した。レアル・マドリー行きが噂される指揮官の退団が発表されるとみられている。

ベニテス監督は2013年夏に就任し、1年目にコッパ・イタリアで優勝。今シーズンもイタリア・スーパーカップを獲得した。だが、1年目はチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したものの、今季は不安定な成績が続き、最終節を前に3位ラツィオに勝ち点3差の4位と、CL出場権を失う可能性が高くなっている。

今季でナポリとの契約が満了するベニテス監督は、以前から延長交渉を続けていたが、いまだ合意に達せず。イタリアメディアは一時期から、退任は確実と報じてきた。

そこに加え、カルロ・アンチェロッティ前監督を解任したレアル・マドリーがベニテス監督に関心を寄せたことで、指揮官は一気にナポリ退団へ向かったとみられている。

デ・ラウレンティス会長は26日、報道陣に「1日半後に大きな知らせがある」と明かしつつ、ベニテス監督の去就については「発表するときにコメントしよう」と述べるにとどまった。だが、これまでの流れから、ベニテス監督はナポリ退団を発表するとみられており、スペインメディアも「ベニテスが28日にナポリ退団発表へ」と報じた。

デ・ラウレンティス会長はベニテス監督について、「最終節の結果にかかわらず、この2シーズンは素晴らしいものだった。成長した2シーズンで、私は何も否定しない」と述べている。