ベニテス、ナポリ退団は濃厚? マドリーの希望リストのトップに?

イタリア『スカイ・スポーツ』や『gianlucadimarzio.com』は19日、ナポリのラファエル・ベニテス監督が今季終了後に退任することが濃厚となり、レアル・マドリーが同監督に関心を寄せていると報じた。

ベニテス監督とナポリの契約は今季までとなっており、以前から去就が騒がれていた。一時は再びアウレリオ・デ・ラウレンティス会長との関係が近くなったとも報じられていたベニテス監督だが、両メディアは「ベニテスはナポリから遠ざかっている」と報じた。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は20日、ベニテス監督のスタッフであるGKコーチが自宅の賃貸契約を解消し、家族をスペインに引っ越しさせたとも報道。指揮官がナポリを去る兆候の一つだと伝えている。

ウェスト・ハムやニューカッスルからの関心も噂されるベニテス監督だが、プレミアリーグに復帰する場合はマンチェスター・シティやリヴァプールを優先させる考えとも言われている。その一方で、イタリアメディアは、カルロ・アンチェロッティ監督の解任が騒がれるマドリーが、新指揮官候補のリストのトップにベニテス監督を掲げたとも報じた。

ナポリはベニテス監督が退任した場合、サンプドリアのシニシャ・ミハイロビッチ監督を後任に据える考えと言われている。