ニュース ライブスコア

イカルディとコバチッチの残留を強調するサネッティ 「夢はメッシ」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、FWマウロ・イカルディとMFマテオ・コバチッチの残留を強調している。イタリア『スポーツ・メディアセット』が報じた。

今季の不振を受け、来季の復活を目指すインテル。ロベルト・マンチーニ監督は夏の補強に期待しているが、そのためには資金が必要だ。そこで、イカルディやコバチッチを売却して補強資金を集める可能性が噂されている。

だが、サネッティ副会長は『フェイスブック』でのファンからの質問で、「イカルディもコバチッチも残す考えだ」と、クラブが両選手の放出を考えていないと強調している。

一方で、アルゼンチン代表時代のチームメートであるバルセロナFWリオネル・メッシについて、サネッティ副会長は「夢? メッシだね」とコメントした。

マンチーニ監督は来季、インテルがスクデットを争うようなチームに戻ると主張している。サネッティ副会長も、来季の復活に意気込みを見せた。

「今季をできるだけ良い形で終えて、マンチーニ監督のアイディアを尊重しながら将来のことを考えていく。マンチーニ監督は予想外の困難に出くわした。今はこの時期を乗り越えようとしている。我々は、重要な何かをつくりあげようとしているところだ」

インテルは19日のセリエA次節でミランとのダービーに臨む。

「私は常にポジティブなんだ。ミラン戦は特別な試合だよ。全力を尽くして勝利を目指す一戦だ」