本田がチーム練習復帰、ダービーに向けてスソとポジション争い?

ミランMF本田圭佑が14日、チーム練習に合流した。19日のミラノダービーでの復帰が期待される。本田が先発出場する可能性もあるかもしれない。

2日の練習で左足首を負傷した本田は2試合を欠場。だが、クラブの公式ウェブサイトによると、14日はチームトレーニングの全メニューをこなしたとのことだ。

セリエA前節サンプドリア戦で1-1と引き分け、3連勝を逃したミランは、この試合でFWマッティア・デストロが負傷。インテルとのダービーマッチに間に合うかどうかは不明だ。

そのため、フィリッポ・インザーギ監督はシーズン前半戦で「偽9番」を務めたMFジェレミー・メネスを再びトップで起用する可能性がある。この場合、4-3-3の両翼に入る選手が誰になるかが注目されるところだ。

前節まで2試合連続でスタメン出場したMFアレッシオ・チェルチは、サンプドリア戦で途中交代を命じられており、ポジション争いで後れをとっているとみられる。

一方、サンプドリア戦で中盤に起用されたMFジャコモ・ボナヴェントゥーラは、ウィングの方が力を発揮できるとの見方もあり、中盤の構成次第でウィング起用もあり得るようだ。

また、サンプドリア戦で途中出場したMFスソは、ゴールポストを叩くシュートを放つなど好印象を残しており、評価をぐんぐん高めているところだ。

イタリア『acmilannews.it』が14日、『スカイ・スポーツ』の記者の報道として伝えたところによると、ボナヴェントゥーラは同日の練習で左ウィングに起用されたとのこと。また、右ウィングはスソと本田が争っており、「スソがわずかにリード」している状態だそうだ。