パルマ、不整脈で離脱中のビアビアニーが契約解消

パルマは11日、FWジョナサン・ビアビアニー(26)との契約を両者合意のもとで解消したことをクラブ公式サイトで発表した。

ビアビアニーは2009年にインテルからパルマに加入。その後インテル、サンプドリアを経て2011年から再びパルマに戻った。パルマとの契約は2018年6月まで残っていた。

昨年夏にはミランへの移籍が一旦は合意しながらも決定に至らず。その後不整脈が判明して戦列を離脱し、今季はセリエA開幕戦以降試合に出場していなかった。

パルマはクラブが深刻な財政難に陥り、先月には破産を通告された。1月以来、FWアントニオ・カッサーノ、DFフェリペ(インテルに加入)、MFクリスティアン・ロドリゲス(グレミオに加入)がクラブを去ったほか、DFパオロ・デ・チェッリエがレンタルを解消してユヴェントスに戻っている。