コッパ・イタリア決勝でゴールラインテクノロジー、「ホークアイ」が導入

レーガ・カルチョ・セリエAは10日、今シーズンのコッパ・イタリア決勝でゴールラインテクノロジー「ホークアイ」を導入すると発表した。

「ホークアイ」は、ボールがゴールラインを割ったかどうかを判定するシステム。プレミアリーグですでに導入されており、目にしたファンも多いだろう。来季からブンデスリーガでも採用される。

セリエAも「ホークアイ」の導入を目指しているが、一足先にコッパ・イタリア決勝で試されることが決まった。今季のコッパ・イタリア決勝は、ユヴェントスとラツィオが対戦することが決まっている。

なお、コッパ・イタリア決勝は6月7日に開催されるが、前日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝も開催される。そのため、ユヴェントスがCLでファイナルに進出する場合、コッパ・イタリア決勝の日程は変更になる。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』によると、5月20日開催となるようだ。