元イタリア代表のザンブロッタ、キアッソで監督解任

スイス2部のキアッソは6日、ジャンルカ・ザンブロッタ監督(38)を解任したことを発表した。

かつてユヴェントスやバルセロナ、ミランなどでプレーし、イタリア代表として2006年のワールドカップを制覇したザンブロッタ監督は、昨季途中にプレイイングマネジャーとして監督に就任していた。

だが、今季は第26節を終えて最下位に勝ち点2差の9位と低迷。これを受け、クラブは解任を決定した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ファビオ・ガランテ新GM(ゼネラルマネジャー)が決断したようだ。

キアッソはその後、マルコ・シェーリバウム氏(53)を後任に招へいしたことを発表している。