前節負傷交代のシャチリ、1週間程度で回復の見込み

インテルMFジェルダン・シャチリは、1週間程度で復帰できる見込みのようだ。インテルが17日、公式ツイッターで明かした。

この冬にインテルの一員となったシャチリは、15日に行われたチェゼーナ戦で太ももを負傷し、前半途中で交代していた。この検査が17日に行われている。

検査の結果、シャチリは左大腿二頭筋の問題が確認され、1週間程度の離脱と診断された。

これにより、19日に行われるヨーロッパリーグのヴォルフスブルク戦は欠場が確実となり、22日のセリエAサンプドリア戦も間に合わないものと見られている。復帰は代表ウィーク明けになりそうだ。