ミラン、本田フル出場も今季7敗目 王者ユヴェントスに敵地で3失点

7日に行われたセリエA第22節、ユヴェントス対ミランの一戦は、3-1でユヴェントスが勝利した。ミランMF本田圭佑は先発フル出場したが、得点に絡むことはできなかった。

前節でウディネーゼと引き分け、連勝が止まったユヴェントスは、発熱で欠場も懸念されたテベスが先発。中盤はビダルとマルキージオが戻り、「ビッグ4」がそろった。リヒトシュタイナーが出場停止の右サイドにはパドインが入る。

一方、前節パルマ戦で6試合ぶりに白星を取り戻したミランは、先発予定だったボナヴェントゥーラが肩のコンディションの問題でベンチスタート。本田がメネス、チェルチと攻撃陣を構成する。守備ではパレッタ、アントネッリの新戦力コンビがデビューした。

本田がサイドではなく中央でピルロをマークし、ユーヴェの攻撃を封じようとしたミランだが、懸念の守備の不安定さは変わらない。

14分には、ユーヴェが均衡を破る。中盤での空中戦のこぼれから、モラタが前線にパスを出すと、オフサイドラインを抜け出したテベスが、すがりつこうとするパレッタを振り切って先制点を奪った。得点王ランク首位を走るテベスは、今季14点目。

その後も、FKからエブラに危険な場面を2度つくられたミランだが、28分にセットプレーから少ないチャンスをものにする。チェルチのCKにアントネッリが頭で合わせ、1-1の同点に追いついた。アントネッリは古巣復帰初戦でうれしいゴールだ。

これで立て直せるかと思われたミランだが、わずか3分後に再び勝ち越しを許す。

自陣ペナルティーエリア内で、キャプテンマークを巻いたムンタリが不用意なドリブルを試み、マルキージオに奪われてシュートを打たれる。ディエゴ・ロペスのファインセーブでしのいだが、これで許したCKから失点。テベスが競ったボールをボヌッチに押し込まれた。

再びビハインドを背負ったミランは、37分にメネスが負傷でパッツィーニと交代。嫌な流れで前半を終える。後半に入っても、54分にアントネッリが高い位置でのインターセプトからスルーパスを繰り出し、パッツィーニがシュートに持ち込むが、ブッフォンの壁は破れない。

すると65分、ユーヴェが決定的な3点目を奪う。ペナルティーエリア外からマルキージオが左足で鋭いミドルシュートを放つと、これはポストを叩いたが、跳ね返りをモラタがダイレクトで押し込んだ。

71分にも、オフサイドで得点にはならなかったが、分厚い攻撃を見せたユーヴェに対し、ミランは個々がミドルシュートで何とか1点を狙おうとするのが精いっぱい。D・ロペスのセーブなどで、4点目こそ奪われなかったが、王者に力の差を見せつけられての黒星となった。

なお、同日のもう1試合では、トリノがアウェーでエラス・ヴェローナに3-1と勝利している。