エトー、サンプドリアで早くもトラブル? 練習無断欠席か

サンプドリアに加入したばかりのFWサミュエル・エトーが、早くもシニシャ・ミハイロビッチイ監督と衝突したようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』『スカイ・スポーツ』など、複数メディアが伝えた。

報道によると、エトーは2日、午前練習を消化した後でチームを離れた。1日に行われたセリエAのトリノ戦を1ー5で落とした後、チームは翌日にさらなる練習を予定していたが、この冬にエヴァートンからやってきたエトーは、監督に何も言わずに練習場をあとにしたという。

サンプドリアは当初、2日をオフにする予定だったが、トリノ戦の大敗を受けて、ミハイロビッチ監督が練習を行うと決定していた。

クラブによると、エトーは「家庭の事情で」チームを離れた。家族が暮らすミラノに向かったとされている。