ミラン、サポナーラが古巣エンポリへ移籍

買い取りオプションつきレンタルで
エンポリは16日、クラブの公式ウェブサイトで、ミランからMFリッカルド・サポナーラ(23)を獲得したことを発表した。買い取りオプションつきレンタル移籍となる。

サポナーラは2013年にミランに加入。大きな期待を寄せられていたが、思うように出場機会を得ることができず、この1月は移籍に向かっていることが報じられていた。

新天地となったのは、2013年まで4年を過ごした古巣エンポリだ。マウリツィオ・サッリ監督は16日の会見で、同選手について次のように述べている。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

「うれしいね。私は彼の才能、そして何より人間的な面も非常に評価している。彼にふさわしい飛躍のための方法をここで見つけられるように願っている」

「それに、彼の加入により、我々は違うフォーメーションも考えることができるだろう。ただ、今は明日のインテル戦だけを考えなければいけない」