インテル、L・ディアラがメディカルチェックか チェルチも諦めず?

ミラン有利は変わらないが…
アトレティコ・マドリーMFアレッシオ・チェルチはミラン移籍に向かっていると言われている。だが、イタリアメディアによると、インテルはまだ同選手を諦めていないようだ。

インテルのロベルト・マンチーニ監督は以前からチェルチを評価しており、マンチェスター・シティ時代も獲得に動いている。インテルに復帰してから、同監督は再びチェルチの獲得を要請していると言われていた。

だが、報道によると、FWフェルナンド・トーレスの不振を受けて動いたミランは、同選手とチェルチのトレードでアトレティコと合意したと見られている。ただし、チェルチ本人と条件面での合意にはまだ達していないようだ。

そのため、インテルはまだチェルチ獲得の可能性を探っているという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、チェルチはすでにマンチーニ監督と個人的に合意しており、ミランよりもインテルを望んでいるそうだ。だが、アトレティコはF・トーレス復帰のために、ミランにしかチェルチを放出しない意向と言われている。「ミラン移籍か、シーズン終了までベンチ生活か」をチェルチに迫っているとも伝えられた。

なお、インテルはフリーとなっている元フランス代表MFラッサナ・ディアラの獲得に迫っているようだ。以前から同選手への関心が報じられていたが、イタリア各メディアはすでに同選手がメディカルチェックを済ませたと伝えている。