フアン:「今の順位にいるわけにはいかない」

悪い流れを変えたいインテル
インテルDFフアンは、ロベルト・マンチーニ監督がチームに大きな変化をもたらしたと話すとともに、低迷を脱するため力を尽くしたいと意気込みを口にしている。

インテルを復活に導くことを期待されて古巣に復帰したマンチーニ監督だが、セリエAでは就任初戦のミラノダービーに引き分けた後、ローマとウディネーゼに連敗。インテルは12位まで沈んでいる。

15日に行われる第15節キエーヴォ戦では、何としても流れを変えたいインテル。復調を誓うフアンのコメントを、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

「監督は数日のうちにもうたくさんのことを変えてしまった。彼がチームにどれほどのものをもたらせるかは分かっているけど、まだ僕らがやるべき仕事はたくさんある。今の目的は、インテルを今の良くない時期から抜け出させることだ。今の順位にいるわけにはいかない」

「そのためには、サポーターからの助けが必要だ。インテルが今のように困難に陥ったことはなかった。この時期を抜け出すため、僕らはこれから300%の力を出さなければならない」