サネッティ:「メッシのバロンドール受賞を願う」

年間最優秀監督賞はシメオネに
インテルのハビエル・サネッティ副会長は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2014年FIFAバロンドール受賞を望んでいる。

現役時代にインテルやアルゼンチン代表で活躍したサネッティ氏。代表戦キャップ数145試合を誇る同氏は、2005年にフル代表デビューを果たして以降成長を続けるメッシがバロンドールに輝くことを期待しているようだ。

サネッティ氏のFIFA公式サイトにおけるコメントを、スペイン複数メディアが伝えている。

「僕はメッシの受賞を願っているよ。彼は僕たちを驚かすのをやめないね。一瞬で試合を勝たせるようなスペクタクルを演出してしまう。僕にとっては、世界一の選手だ」

「(クリスティアーノ・ロナウドやマヌエル・ノイアーも)素晴らしい選手たちだ。それぞれが選出に値する。拮抗した投票を想像しているよ。ノイアーも大きな功績を残したと思う」

一方、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が最終候補に選ばれたFIFA年間最優秀監督賞に関しては、シメオネ監督を推している。

「彼のアトレティコは素晴らしい賞の受賞を許される十分な成績を残したと思う。僕は彼が成し遂げたことに驚いていないよ。そういったものは、常に犠牲と厳しい労働によってもたらされるものだからね」