マルディーニ氏の息子たちがミラン下部組織で注目

2人がそろってゴール
ミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏の息子たちが、29日の下部組織の試合で活躍している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じた。

プリマヴェーラに所属する1996年生まれの長男クリスティアンは、29日のペルージャ戦でデビューを飾った。負傷から復帰したセンターバックは、背番号6を纏い、開始直後の2分にCKから先制点を奪取。だが、その後負傷し、40分にベンチに下がった。念のための交代とのことで、深刻なケガではないようだ。

一方、ジョヴァニッシミに所属する2001年生まれの次男、FWダニエルもゴールを決めた。ルメッザーネ戦で先制点を奪い、3-0の勝利に貢献している。

祖父チェーザレ、父パオロに続く3代目の「マルディーニ」として、成長が期待されているクリスティアンとダニエル。ミラン復活を望むサポーターたちは、彼らの今後を楽しみにしているだろう。