ラノッキア:「どっちが強いか分かる」

クロアチア戦に燃える
イタリア代表は16日、EURO2016予選でクロアチア代表をホームに迎える。DFアンドレア・ラノッキアは、ホームでライバルを下すつもりだ。

インテルに所属するラノッキアは、13日の会見で次のように話した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

「監督は、プレーに値する選手を選ぶ。僕たちは責任を感じているよ。クオリティーがあり、ケガは言い訳にならない。これから相手のプレーを見て研究しないとね」

イタリアとクロアチアは、ともにEURO予選で3戦3勝。グループHの首位を争っている。

「順位表は、僕たちとクロアチアが今の時点で互角だと言っている。日曜日の試合で、僕たちと彼らのどっちが強いかが分かるね」

イタリア代表のホームゲームだが、ラノッキアにとってはクラブでも本拠地のサン・シーロが舞台だ。

「素晴らしい雰囲気になるね。カルチョのスカラ座での試合だ。チケットがよく売れていると聞いているよ。サン・シーロが埋まるといいね。攻撃的にいきたい。このチームは、常にボールを足もとに置いておくべきだからね。もしそうじゃないときは、できるだけ早く奪い返す。そのとき、観客の後押しは重要だよ」

インテルでチームメートのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチは、ラノッキアとの対戦を避けたいと話していた。ラノッキアもコバチッチを警戒している。

「練習でも戦うけど、彼はとてつもない才能の持ち主だね」