フィオレンティーナ、インテル戦でクアドラード復帰か

リチャーズは負傷で欠場
フィオレンティーナは3日、クラブの公式ウェブサイトで、DFマイカー・リチャーズが太ももの筋肉を痛めたと発表した。10日ほどの離脱になるようで、5日のセリエA第6節インテル戦を欠場することになる。一方、MFフアン・クアドラードが復帰できるか注目だ。

今季マンチェスター・シティからフィオレンティーナに加入したリチャーズは、2日に行われたヨーロッパリーグのディナモ・ミンスク戦で負傷。検査の結果、大腿二頭筋に重度1の損傷が見つかったとのことだ。

一方、クアドラードは膝蓋腱を痛め、セリエA前節のトリノ戦とディナモ・ミンスク戦を欠場している。イタリア『ANSA通信』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、クアドラードのインテル戦起用について、慎重ながら楽観的なムードがあると報じた。

ディナモ・ミンスク戦では3-0と快勝したフィオレンティーナだが、セリエAでは5試合で2得点、1勝3分け1敗の勝ち点6で10位と出遅れているだけに、代表ウィーク突入前のインテル戦で結果を出したいところだが…。