スクデット争いにも意欲をうかがわせるマッツァーリ

「CL出場? 3位を狙うと言ったら…」
インテルは31日、セリエA第1節でトリノと対戦する。ワルテル・マッツァーリ監督はトリノへの警戒を表しつつ、リーグ初戦でチームがどのようなパフォーマンスを見せるか楽しみにしていると語った。

プレシーズンのアメリカツアーやヨーロッパリーグ予選プレーオフで好調なところを見せてきたインテル。セリエA開幕を前に、マッツァーリ監督は前日会見で次のように語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

「トリノには最高の指揮官がいるし、良いチームだよ。我々はプレシーズンで良かったが、選手たちが勝ち点3の懸かった初戦にどう臨むか、興味深いね」

「今季のセリエAは、昨季の上位3チームのほかに、サプライズを起こす用意のある4チームがいる。昨季以上に拮抗した展開になるのは確かだろうね。インテルにふさわしいプレーをコンスタントに続けることが重要だ」

目標はチャンピオンズリーグ出場権獲得かと問われると、マッツァーリ監督は次のように述べた。

「目標については話さない。3位を狙うと言えば、自動的に1位や2位の可能性を排除することになってしまうしね。私が望むのは、チームがすべての試合で全力を尽くすことだよ」

インテルは残り2日となったマーケットでパリ・サンジェルマンFWエセキエル・ラベッシを獲得するかが注目されている。だが、マッツァーリ監督は多くを語らなかった。

「私はラベッシに素晴らしい思い出があるんだ。彼はとても素晴らしい選手であり、素晴らしい男だよ。だが、だからといって、彼がインテルの選手になるかどうかは…」