モントリーヴォ:「セードルフとは調和がなかった」

インザーギとは「同じ方向に向かっている」
ミランMFリッカルド・モントリーヴォは、チームがフィリッポ・インザーギ新監督とともに団結して新シーズンに向かっていると明かした。一方で、クラレンス・セードルフ前監督とは調和がなかったと話している。

ワールドカップ(W杯)開幕前の負傷で長期離脱を余儀なくされたモントリーヴォ。自身が出られなかった大会で、イタリア代表が2大会連続グループステージ敗退に終わり、同選手は次のように話している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

「4年前のように、うまくいかなければ、責任は全員にある。僕らは準備してきたことをブラジルでやれなかった。将来については、イタリアサッカー連盟がどう決めるかだ。経験豊富な新監督を選ぶだろう」

「(マリオ・)バロテッリ? 彼が貢献しなかったということはない。全員の責任だよ。彼のクオリティーから、もっと期待されていたんだろう。ただ、マリオはもう子供じゃない。責任を負う必要がある。今の彼がやっているようにね」

回復状況について、「11月より前に復帰することはないと思う」と明かしたモントリーヴォ。だが、チームはインザーギ監督の下で昨季のリベンジを果たそうと意気込んでいる。

「チームメートたちに連絡したけど、みんな気合を入れていたね。全員が同じ方向に向かっているんだ。僕らはミランを本来ふさわしい位置に戻したいと思っている」

「インザーギ監督は始めるのが楽しみみたいだ。このミランを再出発させるために、正しいアイディアとエネルギーを持った人だと思う。僕ら全員が彼と一緒にいるよ」

一方で、セードルフ氏については、次のように語った。

「適切な調和がなかったんだ。(シルヴィオ・)ベルルスコーニ名誉会長とクラブは、ミランのためになる決断を下したんだよ。彼らはインザーギ監督にできるだけ最高のチームを委ねようと全力を尽くしている」