インテル、共同保有イカルディを完全買い取り

100%インテルの選手に
インテルは10日、クラブの公式ウェブサイトで、FWマウロ・イカルディ(21)の保有権がすべてインテルのものになったと発表した。サンプドリアも発表している。

イカルディは昨年夏、サンプドリアから共同保有の形でインテルに加入。負傷にも苦しめられた同選手だが、最終的にはセリエAで22試合に出場し、12ゴールを記録した。

昨年夏の移籍当初から、インテルは今夏に完全獲得する見込みとなっていたが、これが実現した形だ。100%インテルの選手となったイカルディは、新シーズンでのさらなる躍進が期待されている。