ニュース ライブスコア

ミラン、セードルフへの解任通知はメールで?

ミランは9日、クラレンス・セードルフ前監督の解任とフィリッポ・インザーギ監督の就任を発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、セードルフ氏にはEメールで解任が伝えられたそうだ。

1月に解任されたマッシミリアーノ・アッレグリ氏の後任として、現役を引退したミランの指揮官に就任したセードルフ氏。だが、次第にクラブ首脳陣との溝が深まり、シーズン終盤には解任が確実と報じられてきた。

ミランは公式ウェブサイトの発表で、セードルフ氏解任とインザーギ監督就任を発表したのみ。恒例である退任監督への賛辞や感謝の言葉は含まれなかった。

セードルフ氏はミランと年俸250万ユーロの2年半契約を結んでいた。解任となれば、残り2年のサラリーを支払わなければならない。税込で総額1000万ユーロとなる。

ミランは損害を少なくするために、セードルフ氏の代理人と契約解消について動いていたが、合意に達することができず。契約問題解決後になると見られていたインザーギ監督の就任発表が、当初の見通しより早くに行われたことも、セードルフ氏との交渉が難航していることをうかがわせる。