ニュース ライブスコア

ナポリ、ベーラミとインレルの間に問題?

ナポリMFバーロン・ベーラミが、母国スイスのメディアで、MFギョクハン・インレルとの関係が芳しくないことをほのめかしている。

インレルの代理人は先日、1月に加入したMFジョルジーニョについて、ベーラミやMFブレリム・ジェマイリよりも戦術的で、インテルにとっても好都合だと話した。この発言をめぐって、両選手の関係にヒビが入ってしまったようだ。

ベーラミはスイス『Le Matin』で次のように話している。イタリア『スポーツ・メディアセット』が伝えた。

「(ラファエル・)ベニテス監督は僕ら3人を同列に考えていると思う。それぞれ特長は異なるけど、序列はないんだ」

「インテルの代理人のコメントにはがっかりした。あのとき僕は全力を尽くしていたからね。ギョクハンは『ツイッター』でシンプルにコメントして解決すべきだった。彼が何もしなかったことにはがっかりしたよ。僕の代理人がバカげたことを言ったら、僕は否定する。僕は僕の道を進むけど、僕らの関係はあの件から変わったんだ」

また、ベーラミは今季のナポリがユヴェントスとタイトルを争わなければいけなかったと話している。

「今年の僕らにはユヴェントスとスクデットを争うチームがあった。でも、それができなかったんだ。今はコッパ・イタリア決勝をしっかり戦わなければいけない。より良い夏にするためにね。来年、チームと監督は周囲からの重圧に苦しむと思う」