トヒル:「ゼコ、モラタ、F・トーレスの誰かが加われば…」

ストライカー獲得に動くインテル
インテルのエリック・トヒル会長が、この夏の移籍市場でハイレベルなストライカーを獲得すると明かしている。

FWディエゴ・ミリートの古巣ラシン・クラブへの復帰が騒がれているインテル。最近では、マンチェスター・シティFWエディン・ゼコ、チェルシーFWフェルナンド・トーレス、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタといった選手たちへの関心が注目されている。

トヒル会長は『Total Football AnTv』で、次のように語った。イタリア『ANSA通信』が伝えている。

「私はチームがヨーロッパリーグ出場権を獲得できる順位を維持し、来季からチャンピオンズリーグ出場を狙えることを願っている。マーケットではストライカーを獲得するのが確実だ」

「ゼコ、モラタ、F・トーレスといった名前が出回っているのは知っている。彼らの一人がウチに来れば、良いことだろうね。我々はイタリア人選手の獲得も目指す。だが、クラブの歴史や哲学から、それをしなければいけないわけではない」