ニュース ライブスコア

伊紙評価:インテル通算100試合出場の長友は及第点

インテルDF長友佑都は23日、セリエA第29節アタランタ戦で71分から途中出場した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手に及第点の6点をつけている。

筋肉疲労のために前節エラス・ヴェローナ戦を欠場した長友は、この日もベンチスタート。だが終盤、DFダニーロ・ダンブロージオとの交代でピッチに入り、インテルでの通算100試合出場を果たした。

長友は積極的にシュートを放つ場面もあったが、チームは終了間際にセットプレーから失点。アディショナルタイムには長友が決定機を手にしたが、シュートではなくクロスを選択し、追いつくことはできなかった。インテルは1-2と敗れ、消化が1試合少ないパルマに勝ち点で並ばれている。

『ガゼッタ』は長友について「昨日のダンブロージオより良かった。だが、それほど必要ではなかった」と評価した。

なお、インテルのベストプレーヤーは7点のDFアンドレア・ラノッキアだった。そのほか、DFジョナタンとMFフレディ・グアリンが6.5点、DFウーゴ・カンパニャーロ、ダンブロージオ、MFリカルド・アルバレスが5点で、残りの選手たちは長友と同じ6点だった。

//