ローマ、ブラッドリーのMLS移籍が決定

トロントFCへ 移籍金1000万ドル
ローマは9日、クラブの公式ウェブサイトで、MFマイケル・ブラッドリー(26)がMLSへ移籍することになったと発表した。イタリアメディアによると、同選手はトロントFCに加入するようだ。

2011年にキエーヴォでプレーし、翌年ローマに加入したブラッドリーは、先日からMLS移籍が噂されていた。先日、カリアリからMFラジャ・ナインゴランを獲得したローマは、9日にブラッドリーの放出を正式に発表。移籍金は1000万ドルと発表されている。

現地メディアによると、ブラッドリーの新天地はトロントFCになるようだ。トロントFCはトッテナムFWジャーメイン・デフォーの獲得にも迫っていると言われている。

ローマのガルシア監督は、9日のコッパ・イタリア5回戦サンプドリア戦の試合後、イタリアメディアで次のように話している。

「マイケルが去るのは残念だ。私は彼を残したかった。だが、彼は新しい冒険を始めることを望んだんだ。エールを送るよ。移籍したいと思っている選手を残すことはできなかった」