ユーヴェ本拠地、地域差別チャントで処分

ゴール裏スタンドを1試合閉鎖 執行猶予つき
27日のジェノア戦で地域差別チャントがあったとして、ユヴェントスの本拠地ユヴェントス・スタジアムのゴール裏スタンドが1試合の閉鎖を命じられた。処分には1年間の執行猶予がつく。

先日からイタリアで問題となっている地域差別チャント。先日はローマ、ミラン、インテル、トリノの4クラブに、1年間の執行猶予つきで、ゴール裏スタンド閉鎖の処分が下されている。

ウルトラスは地域差別チャントに対する処分に不満を見せ、各クラブが“連係”。今回はユヴェントスサポーターにもそれが波及した。処分は同じく執行猶予つきとなり、1年の間に同様の問題が起きた場合に処分適用となる。

イタリアメディアによると、27日の一戦では、試合前と前後半に「ヴェスヴィオ(火山)、炎でヤツらを洗い流せ」「ナポリはコレラ」といったチャントが飛んだとのこと。後半には「なんてくせえんだ。犬も逃げちまう。ナポリのやつらが来ているんだ」というチャントも歌われたそうだ。

チャントはユヴェントス・スタジアムのゴール裏スタンドのほぼ全体から飛び、「ピッチ中央にいても聞こえたほど」とされている。