ミリートが筋肉痛める インテルに不安

再離脱の恐れは?
イタリアメディアによると、インテルFWディエゴ・ミリートが9日の練習で筋肉を痛めたようだ。10日に検査を受ける予定だが、長期離脱から復帰したばかりの同選手だけに、コンディションが懸念されている。

ミリートは今年2月にひざの十字じん帯損傷で長期離脱を余儀なくされ、9月22日のサッスオーロ戦で7カ月ぶりに復帰。いきなり2ゴール1アシストを記録し、7-0という大勝に貢献した。

報道によれば、ミリートは9日のトレーニングでそけい部あたりの筋肉を痛め、練習を途中で切り上げたという。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、悪化させないためにトレーニングを切り上げたものであり、深刻なケガではない様子としながらも、復帰したばかりだけに慎重さが求められると報じた。

ミリートは試合勘を取り戻していくために、週末の練習試合に出場する予定だったが、今回のアクシデントで欠場する模様。まずは検査の結果が待たれる。