ミランがボアテング放出を発表

トップ下の代役は本田? カカー?
ミランは30日、MFケヴィン=プリンス・ボアテング(26)のシャルケ移籍を発表した。

ボアテングはこの夏の移籍が噂されていたものの、次第にこの話題は少なくなっていた。28日のチャンピオンズリーグ予選プレーオフ・セカンドレグのPSV戦では2ゴールの活躍で本大会出場権獲得に貢献。このまま残留かと思われていた。

しかし30日、シャルケはボアテングがメディカルチェックを受けていることを公式サイトで明かし、電撃移籍へと向かっている。

トップ下放出を決めたミランはCSKAモスクワに対し、MF本田圭佑を獲得するための最後のオファーを出したと報じられている。また、レアル・マドリーからの移籍希望を公にしたMFカカーも選択肢に含まれているようだ。

ボアテングの代役が誰になるのか、今後の動きに注目だ。