リヴォルノがリナウドらを獲得

インテル注目のルベン・ボッタも加入
リヴォルノは30日、昨シーズン終了後にナポリを退団していたDFレアンドロ・リナウド(30)を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

リナウドはシエナ、パレルモなどを経て2008年からナポリに在籍。2010年以降は出場機会に恵まれず、10ー11シーズンはユヴェントスにレンタルされたが1試合のみの出場に終わった。

11ー12シーズンはナポリで出場機会がなく、シーズン後半はノヴァーラにレンタル。ナポリに戻った昨季も出場ゼロに終わり、シーズン終了後に契約満了で退団し、しばらく前からリヴォルノの練習に参加していた。

リヴォルノはさらに、アルゼンチンのティグレでプレーしていたMFルベン・ボッタ(23)の獲得も決めている。こちらについては正式発表がないものの、リー グの公式サイトでリヴォルノの選手としての登録が認められた。ルベン・ボッタはインテル行きが以前から噂されていた選手。インテル移籍の中継地点として、 リヴォルノに加わることになった模様と報じるイタリアメディアもある。

リヴォルノはカターニアからMFマルコ・ビアジャンティ(29)を完全移籍で獲得したことも29日に発表している。